二日酔いにならないようにする方法

お酒を飲みすぎると二日酔いになることがありますよね。次の日が休日なら二日酔いでもまだマシなのですが、休みじゃなかった時なんか最悪ですよね。どうしてあんなに飲んでしまったんだろうと後悔ですよね。二日酔いに全然ならないという人も聞きますが、そういう話を聞くとうらやましいなと思います。

二日酔いにならないようにするポイントは、お酒を飲む時には空腹の状態で飲まないということだそうです。空腹の状態でお酒を飲むとアルコールの吸収が多くなり、血中濃度があがってしまうんだそうです。だいたいお酒を飲む時は食事をする時が多いですから、空腹の状態になっていることが多いと思うのですが、なるべく何かを食べるようにして空腹の状態での飲酒は控えたいと思います。

そして、お酒の量はほどほどにして、目覚めるまでにアルコールが体内で分解できる量におさまるようにかげんすることが大切ですよね。次の日も良いお酒の席だったなと思えるように二日酔い予防はしっかりしていきたいですよね。