脱毛方法の正解不正解がわからない

私はこれまで脱毛サロンなどは一度も利用したことがなく、無駄毛処理はすべて自分で行ってきたのですが、本当にこんな脱毛のやり方であっているのかなぁなんてたまに疑問に思います。

それというのも脱毛や無駄毛処理のやり方って、誰かが教えてくれるものでもなく、誰かに聞くということもあまりしないものだからです。

私の場合は中学生の頃から自分の無駄毛が気になってきたので、自分で処理をするようになったのですが、最初はどう処理をすればいいのか分からず、またどんな脱毛方法があるのかも知りませんでした。だからといって友達に聞いたりするのも恥ずかしかったので、結局は当時母親が使っていたカミソリをこっそり借りて、無駄毛を剃っていました。

大人になった今から思えば別にこっそりと借りる必要はなく、それこそ一番身近にいる母に無駄毛処理のやり方を聞けば良かったのですが、当時は無駄毛を気にする年頃になったと母に知られるのさえ気恥ずかしかったので言い出せなかった覚えがあります。

そして現在はもちろんカミソリだけでなく、脱毛クリームやその他いろんな方法で処理をしていますが、自己処理ってけっこう肌に負担をかけているんじゃないかと心配で、たまにこの脱毛法で正解なのかなと疑問に感じる私なのでした。

脱毛サロンとクリニックで脱毛をしてみて

私の周りには同じような人はあまりいないのですが、私は脱毛サロンとクリニックの両方で脱毛をした経験があります。最初は脱毛サロンで脱毛をしたのですが、いまいち満足感がなくクリニックでも別の部位の脱毛をしてみました。個人的にはクリニックの方が好きだったのですが、個人差はかなりあると思います。なので、これから脱毛サロンで満足できなかった部分と、クリニックの方が良いと思った部分などを紹介したいと思います。それを見て、ご自身の場合どちらが良いか考えてみてください。

脱毛サロンは安く、脱毛効果もしっかりとありました。脱毛自体には文句はないのですが、予約が取りにくい事と、毛周期にあわせて何度も何度も脱毛をしないといけないという事で、終わるまでかなり時間がかかりました。そこが一番不満でした。

一方クリニックの脱毛は一回分の料金が高いのと、痛みが結構強いという難点はあるものの予約が取りやすく回数も少なくてすみました。この手っ取り早さが個人的にはとても気に入りました。痛みに強い人は、手間などを考えたらクリニックの方が早く脱毛が終わって良いと思います。また回数が少なくて良いので、一回分の料金が高くても最終的にはそれほど脱毛サロンでの脱毛と金額差はありませんでした。これもどの部位の脱毛かなどにより違うとは思いますが、あわせて覚えておいてください。

眼精疲労が趣味のジャマをする

私は昔から視力がよくて、最後の検診(といっても10年は前です)の時も両目1.5でした。現在もメガネのお世話にはなっていませんし、その必要性も特には感じていないのですがなんだか最近、目が霞むようになってきました。先日、趣味の海外ドラマを見ていました。

5時間ほど連続で見てふと気づくとちょっと霞み目&疲れ目。なんだか頭も肩もおも〜くなっています。もともと熱中するタイプではあります。眉間にシワを寄せすぎていつの間にか真顔でもシワがとれなくなっていました。でも趣味で眼精疲労なんてちょっと恥ずかしい・・・いくら趣味でも休憩をとることも考えなきゃなと思いました。

そしてこれまた別の日、趣味のネイルをやっていました。デザインを考えてラインストーンはここだ!いや、やっぱりスタッズだ!なんて楽しいひと時を過ごしていたのですが、なんだか手元がぼやけてきました。

またしても疲れ目です。趣味が眼精疲労を引き起こしているのか、眼精疲労が趣味をジャマしているのかよくわからなくなってきましたが多分両方でしょう。これを読み返していたらまたちょっとまぶたの痙攣がおきたのは内緒です。

なので、最近は、家でテレビを見ながら、ヘッドスパをしているのですが、目のあたりまでマッサージャーを近づけています。ヘッドスパ 効果はわかりませんし、そんなことをしていいのかもわかりませんけど、目が癒されているように思います。

ムダ毛の自己処理では肌が傷むので脱毛を考えています

この頃ムダ毛処理の方法に悩んでいます。

ムダ毛が濃くて毎日真っ黒な毛が生えてくるのですが、剃刀で剃りすぎたせいか、肌がガサガサするようになってしまいました。

剃る時はボディクリームを塗ってから肌を傷つけないようにしていますが、それでも毎日剃るので乾燥してしまうようなのです。

乾燥した肌は痒くて、それに見た目もいかにも水分が不足しているようなカサつき具合で、とても恥ずかしいです。

剃刀は止めて、ピンセットで抜いたり脱毛クリームを使っていた事もありました。

しかしピンセットは時間がかかる上に、頻繁に毛を抜く事で毛穴が広がっている気がするのです。

特にワキなんて1つの毛穴から2本3本と複数本のムダ毛が生えてきたり、毛が皮膚に埋まってしまっています。

脱毛クリームは思ったより脱毛効果がなく、それに肌が赤くなって荒れてしまう事がありました。

結局は剃刀に落ち着いているのですが、剃刀も肌にとっては良くない気がして、どうしようかと思い悩んでいます。

ここは脱毛をした方が、綺麗な肌を保てるかもしれません。

自己処理ではなかなか綺麗に剃れない背中やうなじ、胸元も、脱毛だったら安心でしょう。

時間とお金のかかる事なので、ちゃんとどこのサロンがいいか考えて、脱毛をしてみようかと思います。

月額制で通えて、その中でも安さが評判のシースリーが今の所は私の中で一歩リードかな?

おしゃれに敏感

我が家のこどもたちは、私に似たのかおしゃれが大好き。ただの自己満足だけど。
買った洋服はすぐに着たくなっちゃうんです。翌日は必ず、おにゅーを着ます。
それはこどもたちも同じ。

だからこどもたちの、とっておきの洋服はばれないようにしまっておいてここぞ!というときに登場させます。
これもまた、大喜びです。

これにはちょっと難点もあって、サイズ感を合わせたいってときも新品をだしちゃうと着たくなるから無理なんです。
だから、着ないといけない当日に登場させて合わせてみたらちょっとサイズが合わなかったってこともあります。

でも新品の洋服ってテンションあがりますよねえ。自分もこどものころはそうだったからよくわかります。
未だに自分の洋服を買うのはわくわくするし、ネットで買うときも宅配業者の人が持ってきてくれるだけでテンション上がります。

こどもたちも大きくなって自分で洋服を買うような年齢になっても私も一緒にショッピングを楽しみたいな、って思います。

いつかはね...

私の夢。派手好きなのに髪の毛の色を金髪にしたことがない。
いつかきっと、金髪にしようと思ってる。当時は仕事柄ムリでした。
OLでしたから…

それでも赤系の色だったから、派手な方だったけどね。
よくバンドやってるって間違われたけど、全くやってないだよね。
ロックはそんなに好きじゃない。

今はやろうと思えば出来るけど、なかなか厳しいんだな。
今の私のファッションにはちょっと合わないからなあ。それに相応しいファッションじゃないと、変だもんね。
私きっと憧れてるだけなのかな。

周りにこんな人があまりいないっていうこともあって踏み出せなかったけど最近つき合いのある人たちは、こういう私を理解してくれそうだなってこともあって、またそんな気持ちが沸々と湧いてきたわけで。

夢はウイッグみたいな髪型にしたいんだよね。金というか銀みたいなね。

ま、考えてるだけでも楽しいか。いつかはやってやろうと思ってる。
歳をとってからってのもかっこいいよね。

自分好みに

梅の季節ですね。
スーパーに行くと梅酒をつくる材料がたくさん出ています。
ということは、世間のみなさんは梅酒や梅ジュースを手作りしてるということ???
私、かなり出遅れてますが、今年からスタートしようかなと思っております。

お酒が好きな友人Rは、数年前から果実酒を作ってます。
よく出来上がったものを持って我が家に来ては一緒に呑んでるのですが、なかなかおいしいのです。
梅酒だけじゃなくて、ライチやら桃やら、実家でおじいちゃんが畑をやっているらしくて、大量に取れた果物を焼酎で漬けているのだとか。

焼酎の度数も何度以上じゃないと、カビが生えるからとかブドウは酒税法に引っかかるとかどうとか、何だかややこしいルールなんかもよく知ってます。
あまり細かいことが好きじゃないRは、ただ放り込んで放置するだけで、おいしいお酒が飲めるから簡単といっておりました。

また知り合いのおじさまは、昔から梅酒をつくっていて、昭和何年ものとか、かなり古いものもありました。
ワインみたいに熟成させるとおいしくなるのかな。さあ、今年は私も作ってみようかな。

ブログやってる人多いよね

子育てブログやってる人多いよね。最近はほーんとSNSやってる人が多い。
だから保育園の保護者会などでは必ず個人情報の取り扱いについて厳しく指導があります。

不特定多数が見る可能性がある場合は、他の人が写っているものはモザイクなりわからないようにする必要がある。
もしくは本人に掲載許可をもらう。

当たり前ですけどね。まだまだ深く考えずにやってる人もたくさんいますけど。
それにしても、自分の子供の顔出ししている人もたくさんいます。
私は友達限定とかにしてますよ。
やっぱり何があるかわからない世の中なので。

でも、知らない人のブログでも同じ年代の子どもだったりすると親近感わくし、情報も得られるしいいことも多いです。
上手に活用して、犯罪から守りたいですね。

なかなか周りに話す人がいない場合も、ネット上で愚痴を言い合えたりできるっていうのも、ある意味、イマドキの子育てなんだと思います。
時代に合わせて自分でチョイスしてよい方法を見つけたいですね。

好き嫌い

何にでも誰にでも好き嫌いってありますよね。それが食べ物であっても、人間であっても。
私は食べ物の好き嫌いが多い方なので、子供にも強要しないことにしています。

なるべく食べて欲しいけれど、無理なものは無理だと思うから。
だから、ピーマンは苦手だけど、ピラフに細かく切ったものを内緒で入れたりね。
コレなら私も食べれるし(笑)

ひょんなことで、知り合いの小学生ママとお話する機会がありました。
小学校一年生なのに友達関係でもめてるんだとか。
苦手な子がいて、一緒に遊ぼうって言われたけど断ったんだって。

そしたら断られた子が「私はいじめられている」っていうことになったらしくて。
断った子はいじめの加害者と決め付けられ、先生は「断っちゃいけない」っていうんだって。
難しい問題だけど、嫌なものは嫌なんじゃないの?

普通友達って一方的になるもんじゃないからね。

断られた子もどうしてその子を選んだんだろう。気が合うって思ったのかな。
ま、実情は断られた子は、すごく女王様タイプらしくて、断った子は何でも言うことを聞く子だったとか。

二日酔いにならないようにする方法

お酒を飲みすぎると二日酔いになることがありますよね。次の日が休日なら二日酔いでもまだマシなのですが、休みじゃなかった時なんか最悪ですよね。どうしてあんなに飲んでしまったんだろうと後悔ですよね。二日酔いに全然ならないという人も聞きますが、そういう話を聞くとうらやましいなと思います。

二日酔いにならないようにするポイントは、お酒を飲む時には空腹の状態で飲まないということだそうです。空腹の状態でお酒を飲むとアルコールの吸収が多くなり、血中濃度があがってしまうんだそうです。だいたいお酒を飲む時は食事をする時が多いですから、空腹の状態になっていることが多いと思うのですが、なるべく何かを食べるようにして空腹の状態での飲酒は控えたいと思います。

そして、お酒の量はほどほどにして、目覚めるまでにアルコールが体内で分解できる量におさまるようにかげんすることが大切ですよね。次の日も良いお酒の席だったなと思えるように二日酔い予防はしっかりしていきたいですよね。